経営状態と債務会計

経営に必要な財務会計

財務会計とは経営状態を示すもの

財務会計とは企業の経営状態を、財務諸表等の会計データで株主や債権者に示すための会計です。株主総会などでも使われるデータです。企業が株券を発行したり、融資を受けたりするなどの資金集めをするためには、株主や債権者に信用されなければなりません。そのためのデータ開示が財務会計となるわけです。管理会計は企業の業績を的確に把握することが目的で、多少、厳しく会計処理をしたほうが、健全経営につながります。一方、管理会計では、業績が良く見えるように、多少、甘めの会計処理をしている場合もあります。どちらも上手く使い分けられることが事業者には求められます。

企業活動を進めていく中で、運転資金および投資用資金の段取りは大変重要なポイントです。いくら売り上げを上げて利益をたくさん確保したとしても、キャッシュフローが滞ってしまうと、事業の継続が難しくなります。経営をスムーズに行なうためには財務会計が大変重要ということになります。財務面での企業の健全化を図るには、売掛金の管理及び早期回収が大いに重要といえます。業績が良くて資金繰りが滞るというのは未収金の回収が悪いことが最も大きな要因です。また、経営がもしもの時のために金融機関から借り入れをすることができるよう、お得意様の金融機関を持っておくことも対策の一つです。

© Copyright 経営の限界利益とは何か. All rights reserved.