経営における税効果会計

経営と税効果会計

税効果会計を考慮した経営

企業の経営を進める上で、あらゆる費用が発生します。その中で、法的に定められた費用がいくつかあります。例えば、家屋などの資産の価値の減少を経費化していく減価償却費というものがありますが、これは償却率と耐用年数が定められており、それに基づいて費用を算出する必要がありますが、この法定よりも高額で費用計上した場合、法人税金額を算出する際に調整を入れる日長があります。これを税効果会計と言います。わかりづらいものですが、会社の経費に関わるものであることは間違いなく、経営の規模によってはかなり大きな影響を与える部分となるため、注意が必要です。

税効果会計とは、税引き前当期純利益と税金とを対応させることを目的とした手続きを指します。経営を行うときには企業会計上の処理と税法上の処理とが異なる場合があり、それによって当期純利益と法人税とが対応しないことがあります。その原因は認識時期の違いだといえるでしょう。会計基準と税法上の手続きとで認識時期が異なることがあるため、例えば当期純利益よりも法人税額のほうが大きくなるという現象が起こりえるのです。これを経営上適性にする必要があるために、税効果会計が行われます。税効果会計が行われたからと言って税金が増減するわけではありません。

© Copyright 経営の限界利益とは何か. All rights reserved.